IMG_1900
一昨日、友人から「シリアに医療支援に友人達と行ってくる。」と電話が入りました。
長く、長く続くシリアの内線。、、、でも今回の犠牲者の多さにはニュースを見ながら憤りを感じます。
子供たちがその半分をしめています、、、。
オリンピックが閉会式を迎える、、、今も犠牲者が出ているシリア。

そんな昨夜、医療支援に行った友人から届いた本、、『世界は広く、美しい』
、、この本は新日本出版社が出しています。
、、、世界をつなぐ色(黒)、(黄)、(赤)、、、と数冊シリーズで出ています。先日、大学で次年度の購入を頼んだ長倉洋海さんの写真集です。

本の言葉、、これは長倉さんが伝えたい言葉だと思います。
↓に書きます。


ちがう色と出会うことで、その色を吸収し、
新たにまとうことができる。
色は国境や民族をこえて、心と心をつなぐ。
人と人をつないでいく。
「色」は生命を見つめ、自分を知るために、
そして、一つのものにとらわれないために
存在しているのかもしれない。

自分の色をさがす旅は、ちがう色に出会う旅。
極寒のオーロラの「緑」に心ふるわせ、
赤道の水平線にしずむ夕日の「赤」に目をうばわれ、
中央アジアのぬけるような空の「青」に息をのむ。
それは一つの色にしばられないための旅。
新しい風景をさがすための旅だ。

色はだれにでも、おなじようにふりそそぎ、
だれもが自由にうけとり、ひきだすことができる。
世界はたくさんの色にあふれている。
瞳の奥にのこる色、心にきざまれた色。
あなたはどんな色をえらび、どのような旅を
つづけるのだろう。



この本を贈ってくれた友人が、、、伝えたい事が分かった様に思う。
『色は国境や民族をこえて、心と心をつなぐ』、、、つなげたら!つなげられたら!、、なのかな?、、と。

IMG_1901
IMG_1902
IMG_1903
IMG_1904
サブタイトルの「地球をつなぐ色」、、、
地球をつなぐ、、、その色は何なのでしょうか???

これ以上の犠牲者が出ない事を祈りながら、、、

いつもの様に、、週日が始ります。