IROを織る、IROを描く、iroiro! 2

2017年09月

今回の出張先であったCapellagardenについてちょっと書きたいと思います。 そして、そのカペラで出逢った素晴らしい日本の学生の事を書きたいと思います。 Swedenの学校は海外からの留学生でも4年前までは学費は無料でした。勿論、私が留学した頃は全額Sweden政府が負担し ...

昨夕、無事帰国しました。 24日、アーランダ空港にCarlssonさんに送って頂く前に、Stig(Carlsson)のお墓参りも出来ました。 2000年4月2日に亡くなったStig。もう17年が経ちました。 彼は、この教会に眠り、、半分の遺骨を2000年冬(12月)に鎌倉由比ヶ浜の海に流しました。 ...

おはようございます。気温7℃、、霧の立ち込めるStockholmです。 これから荷造りをして、Stigのお墓参りをしてアーランダ空港へCarlssonさんに送ってもらいます。 昨夕、カルマルから乗りました飛行機。 そして、こちらで描いたsketchをupして。 帰国の日の朝に! ...

おはようございます。 最終日の今日の仕事に出掛ける前に。 Swedenの南にあるエーランド島。そこにありますCapella Gadenは日本で言います専修学校になります。 テキスタイル科(染織科)、セラミック科(陶芸科)、木工科、、そして園芸科の4つが有ります。 Capellaの創始者カー ...

おはようございます。 昨日はヴェクショーからCapellaの先生 &学生達と電車で1時間のヴェクショーへ移動。3年に一度の大きな織りの祭典があり、Capellaのスタッフとして1日会場で過ごしました。 ヴェクショーの街は裂き織りのマットが街中に引き詰められています。 街の ...

このページのトップヘ